電話投票
幸せます防府ロゴ
防府競輪facebook
防府競輪twitter
防府競輪youtube
ホープ君日記
keirin.jp
ページ上部に遷移
HOFU RACE
本場開催

開催展望記事

FI 創刊55周年記念九州スポーツ杯争奪戦/第29回幸せますカップ
令和3年5月18日(火)〜5月20日(木)
S級展望
スーパールーキー・町田太我が席巻する。1月小倉でS級初優勝を飾ると、続く久留米では完全Vを達成。3月取手の落車で手を骨折するアクシデントに見舞われたが大事には至らず済んだのは不幸中の幸いだ。10年ぶりの地元Vを狙う桑原大志の先陣役としても打って付けだ。 湯田温泉で板前修業を経験した小川真太郎にとっては、山口は準地元のようなもの。4月小倉で竹内翼の番手回りを生かして優勝すると、前走のダービーでも一次予選を白星でクリアと順調な足取り。佐々木豪との四国連係が叶えば脅威になる。 遠征勢は吉澤純平の欠場が痛手。櫻井正孝や小原太樹らが一矢を報いることができるか。
櫻井 正孝
櫻井 正孝 宮城県(100期)
先行から番手戦までソツなくこなすオールラウンダー。今期は失格が1回あるため、S1の点数をキープするために勝負駆けの状況が続く。
岩谷 拓磨
岩谷 拓磨 福岡県(115期)
師匠・吉岡稔真氏の教えを守り軽いギアで戦ってきたが、ようやく規制が〝解禁〟された奈良GⅢでは準決進出。落車も大事には至らなかったのもひと安心だ。
S級主力メンバー
桑原 大志 小原 太樹 森山 智徳 櫻井 正孝 小川 真太郎 佐々木 豪 町田 太我
A級展望
今期V7の大西貴晃が主役。面白いようにまくりが決まっており、武雄→小倉と2場所連続完全V中。来期はS級復帰が決まっているが、ここまできたら特進でカムバックしたいところだろう。中村健志も今期は10場所オール優出と安定している。 今期から降級した岸澤賢太だが、さすがにキャリアの違いをみせている。長めの距離も踏み切れているのは充実の証だ。 國村洋は愛娘・美留莉との地元で初の親子あっ旋となれば、気合が入らないはずがない。藤井將に前を託して直線強襲を狙う。
大前 寛則
大前 寛則 岡山県(57期)
2019年4月広島で落車。生死をさまようほどの重傷を負いながら、懸命のリハビリを克服してバンクに戻ってきた。不屈の闘志には敬服するばかり。
山田 雄大
山田 雄大 埼玉県(117期)
昨年11月京王閣の落車で3か月近くの欠場を余儀なくされたが、2月から戦線復帰すると4月に特別昇班に成功。防府は初参戦だがポテンシャルは高そうだ。
A級主力メンバー
國村 洋 岸澤 賢太 中村 健志 猪狩 祐樹 大西 貴晃 藤井 將 山田 雄大
L級ガールズ展望
絶対女王・児玉碧衣が負けられない。京王閣のガールズコレクションでは周囲の執拗なマークに遭い、まさかの4着と1年4か月ぶりに確定板を外した。これでプライドに火がついたのは間違いない。防府は過去、2度の出走でまだ優勝がないだけに、三度目の正直といきたい。京王閣ガルコレで児玉に先着した荒牧聖未は、3月に当地を走ったばかりというのは有利な材料。復調急な吉村早耶香に、今期好調の青木美保、山口に移籍初戦となる山本知佳の走りにも注目。
L級ガールズ主力メンバー
荒牧 聖未 高橋 朋恵 児玉 碧衣 山本 知佳 吉村 早耶香 清水 彩那 青木 美保