★検車場レポート 2日目★

F1 スポーツ報知杯争奪戦

 令和4年10月2日(日)〜10月4日(火)

令和4年10月3日(月)検車場レポート

★12R 1番 桑原 大志(山口県)

石原(颯)くんが、引いてかましたいと言っていて。それがやりたいことならわかった、と任せて走りました。内山(雅貴)くんも強くて、出来れるかな…とも一瞬思ったけど、底力が違いましたね。もう少し、強い若い子たちと一緒に走っていたいから、トップスピードに対応していかないと。香川(雄介)さんや小倉(竜二)さんともいろいろ話しをさせてもらっています。決勝は香川勢の後ろ3番手。成田(和也)さんも番手勝負だし厳しい戦いになるけど、一生懸命頑張ります。

★12R 2番 久木原 洋(埼玉県)

展開が向きましたね。緩めばかます、緩まなければ捲りでという作戦でした。今日はローラーの段階から自転車が流れる感じがあって、展開さえ向けばいけるなと感じていたんですよ。道中も落ち着いて踏めました。近況、番手捲りはあっても、自力で決勝に行けるのは7月の弥彦以来で気持ち的にもいいですね。決勝も自力で戦います。

★12R 3番 成田 和也(福島県)

さばかれちゃいましたね。追い上げようと思ったけど脚力不足でした。もう少し脚があれば2着に届いたかな。感じとして変わらず、悪くないです。決勝は石原(颯)くんの番手に勝負。

★12R 4番 佐藤 和也(青森県)

くっきー(久木原洋選手)の脚質的に、スタートは取れないと話にならないと、まずはそこからの組み立てで。出切ってからはあとは残すだけ、どこまで車間を空けられるか、空けすぎたら自分も食われるし、と考えながら走りました。連日前が頑張ってくれて、この開催はめちゃくちゃ流れがいいですね。明日もくっきーの番手で。

★12R 5番 石原 颯(香川県)

風を2コーナーで受けてしまってしんどかった。本当は1着の予定だったんですけどね。後ろが桑原(大志)さんだと仕方ないですね。スピードには乗れた感触がありました。ここに来る前に落車後に入れた鎖骨のピンを抜いたんですよ。腕も上がるし、いつも通りのフォームにもおさまりが良くて、スッキリ!初参戦の防府バンク、走りやすいですね。(その後、甘いものが欲しくなるんですよ…と、アイスクリーム「PARM」を片手に現れた石原選手でした)決勝も自力。

★12R 6番 大塚 玲(神奈川県)

初日から調子はよくて、今日はもう展開だけでした。地区は違うのに、鈴木(玄人)くんが全部やってくれて、頼もしい後輩が出てきたなと僕としては有難かった。やっぱり勝つために練習してるので、空いたところを行かせてもらいました。髪、伸ばしてるんですよ。競輪選手しかこんな髪型できませんからね(笑)。レース中はヘルメットに入らないので解いて、普段はお団子にしてます。明日は混成ラインの3番手。

★11R 1番 上田 学(愛媛県)

浦川(尊明)のところに降りようかとも思ったけど、佐伯(辰哉)が待ってくれているのが見えて、なんとかハコまで、そこからはツケマイで…と追い上げました。ちょっと今日はドキドキでしたね。今回は師匠(解説・菊池仁志さん)が見てますからね!僕が唯一の弟子なんですよ。“出来のいい”弟子の頑張りをアピールしないといけませんから。決勝は愛媛の3番手で切れんようについていきます。

★11R 3番 佐伯 辰哉(広島県)

パッと後ろを見たら4番(小林申太選手)がいるのに気づいて。もう一回見た時に上田(学)さんが追い上げて来ているのが見えて、流して待ちました。上田さんが番手にいてくれたら必ず仕事をしてくれますからね。だいぶ落ち着いて走れているし、ダッシュした感じも悪くなくて状態はいい。明日はもう単騎ガマシは使えないからな(笑)。冷静に自力で戦います。

★11R 4番 田村 大(宮崎県)

2車だから出してくれるかなという考えが安直すぎました。もがき合いするしかなかったですよね。あのペースで出切れる脚をつけないと。偉大な先輩・米原大輔さんと、前回叶わなかったワンツーが決まって良かったです。ただ、レース内容としては満足できていないので、思い切り踏むことを決勝戦に繋げたい。自力で。

★11R 5番 外田 心斗(愛媛県)

初日、体調は問題ないのに今ひとつで、セッティングを修正して今日は粘れました。決勝は愛媛3車の先頭で自力。同期の今野(有樹)さんとは、練習は一緒にすることもあるけどレースでは初連携。今野さんは位置取りも得意。僕はとにかく自力で前に出切って、あとは後ろに判断してもらえたらと、この並びになりました。3番手は仕事人の上田(学)さんが固めてくれていますしね。

★11R 7番 今野 有樹(愛媛県)

位置にこだわって、積極的に前に踏んで追い出されたら先行しようという作戦で。踏み合いになってさらに展開も向きました。この2日間、走る前に考えていたプラン通りのレースができた手応えもあります。脚の感じもいいし、初日に踏み出しが遅れた反省点も修正できました。明日は同期同県・外田(心斗)くんの番手で頑張ります。

★9R 3番 鈴木 玄人(東京都)

大塚(玲)さんの1着、本望です。組み立てとしては、前団か中団か、後ろじゃなければいいなと。今日のレースは完全に作戦とは違ったんですが、もう必死で。大塚さんと、これからも西日本の斡旋では一緒になることもあると思うし、“後ろについて旨味のある選手”と思ってもらえるような走りをしたいと、気合いが入りました。明日も自力で戦います。

★9R 7番 横山 尚則(茨城県)

BKで仕掛けられたら、桑原(大志)さんとの勝負は厳しくても、石原(颯)くんとの2着争いはできたかな…。周回中も落ち着いて走れているし、踏んだ感じも悪くない。あとは、自力で戦う時にはチャンスで仕掛ける“勇気”を持てるかですよね。桑原さんをつけて先行した石原くんの勇気を思うと、対戦相手ながら、なるべくしてなったワンツーだと改めて思います。しっかり切り替えて、明日は鈴木(玄人)くんの番手で頑張ります。

★8R 3番 久米 康平(徳島県)

勝ち上がりはできませんでしたけど、今日は上手くもがけた手応えがありました。昨日と少し乗り方を変えたら、無理矢理ではなく滑らかに踏めている感じ。一人になったのはわかったけど、このまま押し切れるかもと思うくらいでした。次が函館で、その次を?仁親王牌の予備で待っているところ。走れることを祈りながら、次の函館では完成形に持っていけるように、最終日も今日の感触を忘れずに自力で頑張ります。

★4R 5番 山崎 航(山口県)

合わせてホームで流して、そこからもう1回合わせられたら良かったんですけどね。初日に試したチェーンがスカスカしたので考えたけど、変えずにこのまま慣れていくことにしました。昨日より乗りこなせた感じ。脚をつけるためにはレースで先行するのが一番と教えてもらっているので、しばらくの課題はそこですね。明日も最終BKを取る先行基本に。

★3R 7番 浦川 尊明(茨城県)

このメンバーだときついですよね。(小林)申太の先捲りパターンしかないけど、今の佐伯(辰哉)が後ろに居るとも思えないしね。内は重かったけど、3着までよく伸びたな。これで状態が悪かったら4、5着だったと思う。状態はいいし、明日も連に絡んで次の開催に繋げます。南関へ。

TOP

■ 防府競輪
  〒747-0021
  山口県防府市国分寺町8-2

2016 Copyright:© Hofukeirin. All Rights Reserved.